ラオス語の語学スクールINJ。翻訳。

 INJトップ > ラオス語トップ > ラオス語受講生の声
ラオス語受講生の声

INJラオス語受講生の皆様より、講座の感想などを写真と共にお寄せいただ中から抜粋して載せております。

ラオス語初級 Tammasartさん

 これから経済成長していく国で仕事がしたい!特殊言語を覚えたい!という思いをもって何ヵ国か訪れた中で、一番心を惹かれたのがラオスでした。ラオス語を勉強していればラオスに駐在するきっかけにもなるかなという淡い期待のもと、ラオス語学習の決意を固めました。
 まずはグループレッスンに参加。先生やスタッフの方の人柄が温かく、毎回楽しく勉強できました。何よりも勉強すればする程、未知の文字と音が頭に入ってくるのは快感でした。
 遂には休日に通いでラオス語を勉強していることが会社にも理解してもらえ、ラオスに赴任するチャンスをつかむことができました。
 赴任直前にはマンツーマンレッスンでラッシュ。そのおかげで、と言いたいところですが、日本では会話練習の時間が不十分で、赴任直後はラオス人との会話には正直ついていけませんでした。それでも、ラオス語を勉強している姿勢はラオス人の心を開く鍵にはなるのかと信じています。また、辞書はまだ手放せませんが、ラオス語の刊行物を読めるようになったのは、ラオス人の先生と共にしっかりと文字から勉強しきたおかげだと思います。今はラオス語と共に苦労もありますが、ラオスでの仕事と生活を満喫しています。
(写真:恵みの雨を願うロケット祭り)

ラオス語初級 ガンタさん

 ラオス語を始めたきっかけは仏教。じゃあ、何で仏教なのかと問われるならば、「何で仏教じゃねーの?って感じかな、オレ的には」と、映画『茶の味』に出てくるセリフのように答えることでしょう。じゃ、なぜラオスなんだと訊かれたらどうするか。仏教国だからというのはもちろんなのですが、社会主義の国というのも理由の一つかなと。中国に短期留学したこともありますし。でも、それだとベトナムは?ということになってしまいます。だから答えとしては「前世、ラオス人だったから」というのが正解なのでしょう(^∀^)
 さて、前世でラオス人だった私も、今回は日本人なのでINJでラオス語を一から勉強し直しています。授業は週一回ですが、一週間の過ぎるのが早いこと。「やべ、もう週末。宿題やってねーし」という感じの半年でした。
 ところで最近気になるのは、先生のギャグのセンスが日本人化しているのではないかということ。「突っ込み」って概念、ラオスにあるんですか、先生? (写真:在日ラオス人民民主共和国大使館にて、ピーマイラオ(ラオス正月)のお祝いでの僧侶によるバーシーの儀式。)

ラオス語初級 C.T.さん

 東南アジア音楽が好きな私は、中でもラオスのモーラムに最も惹かれます。ラオスを代表する楽器ケーン(笙)が奏でる、微妙に揺れる妖しい旋律。語るように歌うように心に響くラムの歌声。(日本国内で)探し回って集めたCD・DVDも40枚近くになりました。未だラオスに訪れたことのない私の夢は、現地ラオスにモーラムを聴きに行くことです。今その夢は、実現へ向けて目前まで迫ってきています。これほど好きなモーラム。なのに何を歌っているのか?残念なことに実はさっぱり聴き取れません。これではいけないと思い、ラオス語を学び始めることにしました。
 最初の頃は魔法の呪文のような(失礼)ラオス文字に、眩暈で倒れそうでしたが、先生の親身な指導で少しずつわかってきたような気がします。今ではモーラムの歌詞も(単語いくつかだけなら…)聴き取れる程に上達しました!(笑)果たして意味まで理解できる日が訪れるのでしょうか?カラオケで歌える日は来るのでしょーか??これからも楽しみながら勉強を続けていきたいと思います。
(写真:私の持っているラオスのCDです。右手前の3枚は先生のおみやげです。)

ラオス語初級 トリとタマゴさん

 海外旅行にハマリ始めた頃(今でもビギナーです)、地図帳を眺めていると何やら見慣れぬ国があるではないか。東南アジアの内陸国ラオス。どんな国かは旅(い)ってみなけりゃわからん、てなわけで旅ってみました。それがラオスと僕との出会いです。
 「はぁ〜、なんてのんびりしてるんだ」。これが第一印象でした。自然が多く、人も優しい。「今の日本で失いかけているもの」という言葉がよく使われますが、そのことをこの時実感しましたね。今の日本で失いかけている何かがラオスにはあるような気がします。
 僕は海外に旅ったら、挨拶などほんの片言でもいいから現地語でコミュニケーションとれたらいいなあと思っています。そこで、INJのラオス語講座でお世話になることにしました。授業は、先生をはじめ、他の面白い受講生を中心に和気あいあいとしています。授業進度も、受講生のペースに合わせて丁寧にゆっくりと進めてくれます。また、言葉だけでなく、生活や文化についても学ぶことができます。
 僕は週1回、このラオスワールドに足を踏み入れることを楽しみにしています。もちろん、また実際にラオスに行きますよ。

(写真:ヴィエンチャンの凱旋門(パトゥーサイ)前で)

ラオス語初級 マックラオさん

 翻訳の仕事の関係で、初めてラオス文字を目にしたのがラオスとの出会いです。ラオスには行ったことがありませんが、あの丸くてコロコロした文字が読めるといいなあと期待してラオス語講座に参加しました。
 念願の(!)ラオス文字を教わり、自分の名前をラオス文字で書けるようになり、2〜3か月すると、他の(!)皆さんはふりがながなくてもラオス文字が読めるようになりました。でも、いつも授業の前夜に辞書を片手にあわてて宿題をしている私は、最初の気合とは裏腹に、いまだにラオス文字がすらすら読めない状態です。文章を読むのもゆっくりで、皆さんにご迷惑をおかけしています(反省!)が、先生も皆さんも辛抱強く(?)待ってくれて、あまりつっかえていると横の人が小声で教えてくれます(感謝!)でも、いつまでも皆さんのご好意に甘えてばかりいないで、少しでもラオス文字が早く読めるようになるようにがんばりますので、これからもよろしくお願いします。
 近々、現地に行ってみたいのですが、なかなかお休みが取れないので、今のところは先生から現地のお話をうかがったり、クラスメートからラオス関連のテレビ番組のビデオやカラオケDVDなどを借りるなどして、日本でラオスを楽しんでいます。 

(写真:先生からのラオスみやげの会話本。でも、授業のテキストで手一杯でまだ読んでいません。すみません、先生!)

INJ   INDONESIA   THAILAND    LAOS    CAMBODIA    MALAYSIA    VIETNAM    MYANMAR
INJトップページ  |  入会のご案内  | INJ講師紹介 | 受講生の声  | アクセスマップ | 1日体験・講座申込み | お問い合わせ |  リンク集 |
受講料について | メルマガ登録 | 講師コラム | よくある質問 | 書籍通信販売 | 翻訳 | 会社概要 | 求人 | サイトマップ | 個人情報方針 |
グループレッスン
 | プライベートレッスン | セミプライベートレッスン | 法人向けレッスン | オンラインレッスン | INJインドネシア語レッスンの特徴 |
インドネシア語
 | タイ 語 | ラオス語 | クメール語 | マレー語 | ベトナム語 | ミャンマー語 | バリ舞踊 |
INJ all rights reserved.
株式会社インターカルチュラル・ネットワークス・ジャパン (INJカルチャーセンター)
電話:03-3438-4711 FAX:03-3438-4788
受付時間 月〜金10:30-18:30 土10:30-13:00 日祝休み